スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
風が抜ける。
久々に実家に帰ってきました。



変わらないけど、変わってる。



変わったけど、変わらない。




わたしも景色も空気も海も。







優しくてありがとう。





父親がDVD録画してたNHK日曜美術の瀬戸内アートの特集を見ました。



森山開次ナビゲーター。







島へ行きたい。



モノを作るってなんなのかな。



それでもやっぱりすべては愛。



スキ。 comments(0) trackbacks(0)
銀河鉄道の夜。
微熱が続いてなんだかしんどい日々です。


今日はそれでも生地を買いに行かなくちゃと思い、とりあえず四条まで出て、生地を買って、帰りにふらっと大丸寄ったらこんな展示してました。





宮澤賢治。


懐かしいですね。


中学かな?国語の教科書で読んだ「やまなし」というお話がとてつもなく好きでした。



宮澤賢治の詩と、絵本の挿絵(原画)がたくさん並んで、そんなに混んでもなかったのでとてもゆっくり見れた気がします。


出口付近に、落書きスペースのようなものがあり、読み流していると素敵な言葉を発見。


とても幼い子どもの字で、


「鉄道の道が、夢の道になりますように。」



涙が出そうになりました。あぶなかった。



「春と修羅」が読みたくなって、帰りに購入。



ちょっとだけ読んで今日も眠る。



おやすみなさい。
スキ。 comments(0) trackbacks(0)
夢を見るのは賢い人よ。
こんばんは。



夜更かし市、やっぱり服を作ることにしました!
布雑貨を作る意味が私にはないな。と思い立ったからです。




毒々しい赤がスキ。





清らかな青もスキ。







今日は一日中チャップリンの「独裁者」をエンドレスリピートして作業してました。



今の時代も繋がる言葉がたくさんある。



むしろ、現代の日本社会にこそ必要な映画なのじゃないかな。






死ぬのと同じくらい、生きることは避けられないのよ。



明日も良い日でありますように。



スキ。 comments(0) trackbacks(0)
やっぱ感じる。
とても想像力を湧きたてられて、とてもとても胸の真ん中らへんがうずうずする。


民族衣装です。



そもそも学生時代のショーのコンセプトのひとつとして、いろいろと調べ出してからすっかり虜になり、ことあるごとに画像を探し出したり本を読んだりしてはわくわくするのです。



私自身、市販の服やコレクションの服を見てもあまりわくわく来ないので。



特に好きなのはアフリカあたりの民族衣装。


バンナ族。


ビーズが色鮮やかで、肌の色にとても合う。


良い意味で、人種の違いを感じれる。




エルボレ族。


美しすぎる。





アジア 少数民族も素敵です。


ハニ族。






ベトナム 花もん族。



民族衣装を通じて、その少数民族の存在をまず知ること、存在だけでなく歴史や食生活や宗教や、生活そのものを知ること。



生き方そのものと、リンクしていくことがおもしろい。



このわくわく感。



少し、恋にも似てるのです。



いつの日か、この美しい女性たちに会いに行きたい。ていうか行く。



雑な心になっている自分が、彼女たちの笑顔を見ると恥ずかしく思う。私かっこわるい。



世の中にはこんなに美しい女性がたくさんいるのだものね。





スキ。 comments(2) trackbacks(0)
キラキラ☆オクトパス。
 働いているお店にて、本日入荷された子。



あまりにもかわいくて私が即お持ち帰りさせていただきました。



「ビールうまい・・・!エビスじゃ!」


キラキラオクトパス!くらげじゃないよ。


ちなみにブローチです。


東京にて古着を使って人形を作っている國原由紀子さんの作品です。


きゅきゅん。





今年こそお花見行きたい。日本中に桜が咲きまくりますように。




スキ。 comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |